水上院長の治療

Dr.Mizukami's Treatments

1. 癌医療 Cancer therapies

院長水上治は、一万人以上のがん患者さんを診察し、関連施設・人脈のネットワークを持つ内科医です。
まず生命力を上げることによって病気の進行を遅くし、進行停止(病気との平和的な共存)、更に病気の改善、ついには完治を目指します。
標準治療の副作用を抑え、主作用を促進させ、再発転移予防にも当院の治療は役立ちます。
標準治療をどう生かすか、どう避けるか、他のどの先端医療を利用するか、生命力を上げて闘うための治療の組み合わせの選択をお手伝いし、ご提案します。
院長は多数の本や論文を書いていますので、ご覧ください。
論文は(水上治、癌最新医療、日本統合医療学会誌、11: 17-24, 2018)論文1、(水上治、癌の統合医療―医療者と患者による創造―、日本統合医療学会誌、8: 14-20, 2015)論文2、(水上治、癌の統合医療—各論—、日本統合医療学会誌、9: 19-34, 2016)論文3
(水上治、ビタミンとがん、Modern Physician,37:1040-1043,2017)論文4
(水上治、悪性腫瘍に対するサプリメント、治療、87: 2774-2782, 2005)論文5
(水上治、相補・補完医療と悪性腫瘍―エビデンスを目指すドイツの試み―、治療、89:
753-762, 2007)論文6
(水上治、癌に対する栄養アプローチ、治療、85: 81-88, 2003)論文7を読むことができます。

Our director, Osamu Mizukami, MD, PhD, Dr PH, is a physician taking care of more than 10,000 patients with cancer and serious diseases. He has a big network of the associated hospitals and clinics.
We aim at slowing down of your disease, and stopping (coexistence), and improving, and finally complete cure.
In cancer cases, our therapies will help your avoidance of the recurrence and the metastasis after your standard therapies.
We can talk about how to choose the standard therapies or innovated therapies, how to combine these therapies with complimentary therapies in order to fight full of energy.
Fighting against cancer needs high quality of life.
Diet therapy, supplements, acupuncture, exercise, meditation, etc. can elevate your quality of life. Wise ways of these choices can reduce the side effects of chemotherapies, and may increase the killing effects of chemotherapies.

2. 難病医療 Serious Disease Medicine

難病は多数の要因が重なって起こった病気です。難病を薬で治すことはできません。当院では、人間が本来持っている治癒力を上げる医療をアドバイスします。

Even if you are suffering from some serious diseases, you can stop the worsening of the disease.
You can improve your disease, because you still have power to recovery. You can strength your power by the choice of our therapies.
Also mental power is important.

3. 抗老化医療 Anti-aging

老化は病気であるから、治療可能であるというのが最新学説です。
確かに、癌も動脈硬化疾患も若い時に比べると年とともに格段にかかりやすくなりますが、体が若返れば、これらの病気の治療もしやすくなります。
老化を源流でコントロールしているのは、長寿遺伝子であり、そのスイッチをオンとオフにしているのが、エピゲノムです。
米国国立老化研究所では、寿命を延ばす7つの方法として、1.カロリー制限、2.断食、3.運動、4.レスベラトロール、5.スペルミジン、6.ラパマイシン、7.メトホルミンが挙げられています。これらはすべてエピゲノムをいい方に変化させて、長寿遺伝子を活性化します。
これら7つのうち、5.と6.はわが国で実践しにくいので、追加として、NMNを服用します。これも米国で急速度で普及してきています。NMN(βニコチンアミド・モノヌクレオシド)とは何でしょうか。NMNは体内でNADに変換される前駆物質ですが、NAD(ニコチンアミド・アデニン・ジヌクレオチド)とは、生体内の無数の代謝を司っている重要物質です。NADは長寿遺伝子の代表であるサーチュイン遺伝子を活性化することが証明されています。
残念ながら、NADは年齢とともに 減少しますので 補充する必要があります。NADそのものを 補充するのもいいのですが、NMNを飲むほうが効率よく体内のNADを増加させることがわかってきています。
抗老化外来では、希望の方々にまず NMNを服用していただく予定です。さらに、メトホルミン(薬物です)やレスベラトロールも、処方可能です。
また、長い年月アンチエイジングとして実績のある、超高濃度ビタミンC点滴療法、オゾン療法、プラセンタ療法、幹細胞上清液点滴なども、ご希望によって追加可能です。

Latest theory of aging is that aging is a curable disease.
Cancer and atherosclerosis are susceptible to older people compared with young people.
Longevity genes have been controlling initial aging, and the epigenome switches on and off of the longevity genes.
US National Institute of aging recommends 7 ways of anti-aging. 1.calory restriction 2. fasting 3.exercise 4.resveratrol 5.spermigin 6.rapamycin 7.metohormin.
We can’t get 5. and 6. , so we add NMN instead. NMN(βnicotinamide mononucleotide) is a precursor of NAD(nicotinamide adenine dinucleotide )which activates hundreds of cell metabolism, and very important factors for us all.NAD was found to activate sirtuin genes which represents longevity genes.
Since NAD decreases with age, we need supplementation of NAD.Precursor NMN absorbs well through the intestines, and increased cell NAD efficiently.
In our anti-ageing clinic, we can prescribe NMN, and metformin and resveratrol.
If you want, we can practice high dose intravenous vitamin C, ozone therapy, placenta injection, and stem cell conditioned medium injection.

超高濃度ビタミンC点滴療法 High Dose Vitamin C Therapy

超高濃度ビタミンC点滴療法

近年続々と世界中の研究者から、超高濃度ビタミンC点滴療法(IVC)の抗癌メカニズムが明らかにされてきました。

 

1.点滴によって癌細胞外に集まったビタミンCが化学反応を起こして、H2O2(過酸化水素)になる
2.H2O2が癌細胞内に運ばれROS(活性酸素種)を増やす
3.増加したROSが癌細胞のDNAを破壊する
4.ビタミンCの癌細胞侵入ルートもいくつかの受容体を介して多数あり、ROSを増やす
5.ROSが癌細胞のミトコンドリアを不活化する
6.IVCはエピゲノム(遺伝子の上位にあって遺伝子をコントロールしている)を介して癌細胞を害する
7.細胞障害性抗癌剤のメカニズムと違い多ルートなので、薬物耐性(薬が効きにくくなる)が起きにくい
8.癌幹細胞(癌細胞の親玉)を殺傷できる可能性が高い
9.あらゆる免疫細胞を賦活する
10.腫瘍血管新生作用(癌細胞に栄養を運ぶため新しく血管ができる)を妨害する
11.消炎効果がある
12.鎮痛効果がある
13.QOLを改善する

などが判明しつつあり、IVCはどう見ても癌先端医療に分類されます。
どんな場合でも、IVCを土台に置くことをお勧めします。なぜなら上記のような多様な薬理作用が同時に起きている、このような医療は他にはないからです。

 

 

IVC has multiple anti-cancer mechanisms.

1.IVC increases H2O2 outside of cancer cells.
2.I H2O2 in the cancer cells increases ROS—reactive oxygen species
3.ROS destroys cancer cell DNA
4.Vitamin C invades into cancer cells via the multiple cell receptors. And increases ROS.
5.ROS destroys the mitochondria of cancer cells.
6.Vitamin C destroys the cancer cells via the epigenome.
7.Vitamin C tends to have chemo-resistance because of multiple anti-cancer mechanisms.
8.Vitamin C is thought to be able to kill cancer stem cells.
9.Vitamin C activates all kinds of lymphocytes.
10.Vitamin C has anti-neovascularization action of cancer cells.
11.Vitamin C has anti-inflammation mechanisms.
12.Vitamin C has a pain killer effects.
13.Vitamin C increases the patient’s QOL.

  • リスクと副作用

    点滴針を静脈に穿刺するので、局所出血や感染の可能性があります。
    ビタミンCそのものはアレルギーを起こしませんが、原料のトウモロコシのアレルギーと推察される湿疹が出る人が1000人に2~3人います。
    ビタミンC製剤の中にナトリウムが入っているので、むくみや腹水、胸水のある人は要注意で、かつ点滴で水分が入るので、医師と相談してください。

    Needles of intravenous injection may cause local bleeding or local infection.
    Vitamin C itself doesn’t cause allergic reaction, but vitamin C is made from corn or some cereals, and some elements from such cereals may cause low reaction of allergy.
    Vitamin C vials contain sodium, so the patients with severe leg edema, ascites, or pleural effusion must consult with us.

  • 治療回数

    病状などによりますが、基本的に週2回で最低合計30回位、その後、医師と相談してください。
    Basic frequency is 2 times per week, and at least 30 times are recommended. After that, we should talk about how continue this therapy.

  • 当院の検査項目

    G6PD検査

    ビタミンC血中濃度検査

料金リストを見る

樹状細胞ワクチン療法 Dendric Cell Vaccine Therapy

樹状細胞ワクチン療法

2011年ノーベル生理学・医学賞受賞者のスタインマン等によって、リンパ球の一種樹状細胞は免疫の司令塔として極めて重要な働きをしていることが解明されてきました。
樹状細胞はがん細胞からの分子レベルの情報を集め、リンパ球にがん細胞を殺傷する命令を出しています。
樹状細胞は単球から培養できますので、採血によって単球を取り出し、樹状細胞を培養し、そこに癌情報を与えて、その人に最適のがんワクチンを作ります。ワクチンは2週間ごとに腋窩部あるいは鼠径部に皮下注射されます。
当院ではAbe-Vaxという樹状細胞ワクチンを使用しています。
採血から2週間かかります。

Since Dr. Ralph Steinman, a Novel prize winner for Physiology-Medicine in 2011, started investigating the function of dendric cells, they were found to play a role of immune control tower.
Dendric cells collect much information at the molecular level from the patient’s cancer cells, and order the killing of specific cancer cells by the lymphocytes.
The dendric cells are cultivated from monocytes, a kind of leukocytes, of the blood drawn from the cancer patient, and artificial antigens are mixed, and this dendric cell vaccine is subcutaneously injected to the axillar or the inguinal areas.
Our clinic uses dendric cell vaccine named Abe-Vax.
After blood drawing, it takes 2 weeks to complete this vaccine.

  • リスクと副作用

    両腋窩あるいは両鼠径部に皮内注射しますので、局所出血や感染の可能性があります。
    まれに強い免疫反応により、37~38°Cの発熱が起こることがありますが、一晩ほどでおさまります。
    Intradermal injections can cause the local bleeding or local infection.
    The patient may have the mild fever of 37~38°C, but most cases show the recovery within half day.

  • 治療回数

    2週ごと6回が1クールになっています。追加することもあります。
    Standard therapy is to have this therapy 6 times every 2 weeks.

  • 当院の検査項目

    HLA検査

    免疫治療初期検査(感染症検査+腫瘍マーカー検査含む)

料金リストを見る

活性化NK細胞療法 Activated NK Cell Therapy

活性化NK細胞療法

リンパ球の1種NK(ナチュラルキラー)細胞は、がん細胞と遭遇すると、細かい情報なしに敵と認識して直ちに攻撃します。
NK細胞を培養し活性化して2週間後に点滴で戻します。点滴した瞬間から癌細胞を殺し始めますから、即効性があるのが長所ですが、1週間くらいですべて死んでしまうのが短所です。

NK(Natura Killer) Cells can kill cancer cells without the specific cancer information.
NK cells can be cultivated and activated for 2 weeks, and are infused to the cancer patients.
This NK cells kill cancer cells immediately just after the drip infusion, but NK cells are dead within 1 week.

  • リスクと副作用

    点滴針による出血や感染の可能性があります。ごくまれに点滴後38度C程の発熱がありますが、数時間で回復します。
    Injection needles can cause local bleedings or an infection. Low grade fever, about 38°C may happen rarely, but recovers within a few hours.

  • 治療回数

    2週間毎に点滴し、6回で1クール、その後は医師と相談してください。
    Drip infusion is done every 2 weeks and 6 times. This is 1 cycle.

  • 当院の検査項目

    免疫治療初期検査(感染症検査+腫瘍マーカー検査含む)

料金リストを見る

遺伝子治療 Gene Therapy

遺伝子治療

がんは、癌促進遺伝子とがん抑制遺伝子の両方に変異が起こって、いわばアクセルとブレーキが壊れて利かない自動車の様に、暴走する細胞です。
そこで、変異が起きて機能していない癌抑制遺伝子を、新しいがん抑制遺伝子に置き換えることができれば、がんの進行が抑制されることが期待できます。
3種類のがん抑制遺伝子を、感染力はありますが害のほとんどないアデノウイルス(感冒の病原体)に封じ込めて、点滴で癌の患者さんの体内に入れてやると、癌細胞に移行して、がん抑制遺伝子として働いてくれる可能性があります。
長所は、ウイルス感染は点滴直後に起きるので、即効性があり、効果判定も短期間でできることです。

Cancer cells start when the oncogenes and the suppressor genes are mutated. Any car run recklessly under the destruction of the accelerator and the brake.
If a new suppressor genes can replace the mutated suppressor genes, cancer progress may be slow down.
After3suppressor genes are enclosed in the adenovirus or another weak virus, and the patients are infected via the drip infusion, the suppressor genes may work to stop the cancer growing.
Good point is that viral infection occurs immediately just after the infusion, and quick response to cancer cells is expected.

  • リスクと副作用

    点滴針による出血、感染の可能性があります。
    点滴後にウイルス感染による微熱が出ることがありますが、数時間で回復します。
    Injection needles can cause local bleedings or an infection.
    Since viral infection occur, mild fever like common cold may happen, but the mild fever is normalized within a few hours.

  • 治療回数

    週1~2回、合計で1クール、終了して直ちに効果を判定します。
    1 cycle: 1~2 times a week. The effectiveness is checked after 1 cycle.

  • 当院の検査項目

    基本検査

    マーカー検査

料金リストを見る

オゾン療法 Ozone Therapy

オゾン療法

オゾン(O3)は、酸素(O2)よりOがひとつ多い気体で、採血した血液にオゾンを接触させると瞬時に反応し、酸素を高濃度含んだ血液(鮮紅色になり静脈血が動脈血のように変化します)に変化します。
この血液を、点滴により体に戻すことで、過酸化水素(H2O2)という活性酸素を発生させ、ビタミンC点滴同様に癌細胞を殺します。同時にO3がO2に変化し、血液中の酸素が増加します。

血流が増加し、体温を上げポカポカしてきます。
オゾン自体が活性酸素なので、体に抗酸化力を増大させます。
ヨーロッパで盛んな先端医療で、論文も1万以上あります「ベリオ・ボッチ著、渡井健男訳、オゾン療法、丸善出版」。

Ozone(O3) is a gas, and ozone is contacted with the patient’s blood, dark red color of the blood is immediately changed to fresh red color. Ozone is changed to hydrogen in the blood.
This blood is returned to the patients through drip infusion, created H2O2 kills cancer cells.
Blood streams are increased, and the patient’s body temperature may be elevated.
Ozone is a free radical, and increases anti-oxidants in the cells.
Ozone therapy is very popular in Europe, and approximately 10000 academic papers were published.

  • リスクと副作用

    甲状腺機能亢進症・高血圧でACE阻害剤を内服中の方・G6PD欠損症の方はできません。
    点滴針による出血や感染の可能性があります。
    オゾン自体は安全な濃度ですが、血液凝固剤としてクエン酸ナトリウムを微量使うので、これによる副作用はあり得ます。報告されているのは、吐き気、めまいなどです。当院でも他院でも、副作用の発生は報告されていません。
    Patients with hyperthyroidism, hypertension taking ACE blocker, G6PD deficiency, cannot have this therapy, Injection needles can cause local bleedings or an infection. Sodium citrate of small dose is used for anti-coagulation agent during drip infusion, this may cause nausea or dizziness.

  • 治療回数

    週に1~2回、合計10回位で効果を判定し、継続するかどうかを医師と相談してください。
    Effectiveness will be checked after total 10 times, and usually 1~2 times per week are recommended.

  • 当院の検査項目

    甲状腺検査

    G6PD検査

料金リストを見る

放射線ホルミシス療法 Radiation Hormesis Therapy

放射線ホルミシス療法

玉川温泉、三朝温泉などのラジウム温泉は、癌患者でにぎわっています。ラジウムは言うまでもなくごく微量の放射線ですが、ラジウムが気体のラドンを生み、抗酸化作用、免疫力改善作用、ミトコンドリア活性化作用、遺伝子修復作用などが、3000以上の論文で分かってきました「トマス・ラッキー、松平寛通監訳、放射線ホルミシス、I・Ⅱ巻、ソフトサイエンス社」。
ホルミシスとは、大量なら害があるが、少量なら体にいい、という概念です。
ヨーロッパ各国、特にドイツやチェコ、オーストリアでは放射線ホルミシス療法は政府公認です。
当院のモデルは、オーストリアのラドン洞窟ガシュタイナー・ハイルシュトレン(ガシュタイナー渓谷の癒しトンネル)です。毎日600人の患者様を治療しています。
当院では同様の放射線ホルミシスルームを2基持ち、1時間入っていただいて、ラドンを吸い、壁から微量のベータ線刺激を受けていただいています(ラジウム温泉の原理です)。

Radium hot springs are very popular in Japan. Radium is a mild radiation, and radium creates radon, and this can stimulate anti-oxidation, immunity, mitochondria function, etc.
Hormesis is a concept that small dose is effective, but large dose is poisonous.
In European countries, especially Germany, Czech, and Austria, Radiation Hormesis Therapy is very popular under the government insurances.
Our model is a Gasteiner Heistollen in Austria, which has 4 kinds of natural radon rooms on the mountain, and treated 600 patients every day.
We have 2 similar hormesis rooms. Small dose of radiation comes from the wall of the rooms, and radon enters through the lungs.

  • リスクと副作用

    今まで出ておりません。ラジウム温泉入浴と同様に考えていただいていいと考えています。
    Nothing reported.

  • 治療回数

    ホルミシスルームに週に2~3回、各1時間ずつ入っていただきます。
    You can stay in the Hormesis room for 1 hour 2~3 times a week.

料金リストを見る

プラセンタ注射 Placenta Therapy

プラセンタ注射

胎盤は1個の受精卵を1兆個とも言われる胎児に成長させる場所であり、胎盤自体に豊富な栄養素や成分を含み、古代ギリシア医学の時代から、胎盤自体が病気の治療に使われてきました。わが国では戦前から人胎盤の医学研究が進み、2種類が健康保険適応となりました。当院ではその一種類を使用しています。
効果については、細胞の新陳代謝を高め、抗疲労作用、傷の治癒促進作用などが知られていて、当クリニックでは、アンチエイジング法として、定期的な注射をお勧めしています。

Placenta is a place where one fertilized cell grows up to approximately one trillion cells of a baby. Placenta contains many nutrients and elements, and this has been used as a treatment for many diseases since an ancient Greek. In Japan, placenta has been studied for almost a century, and used as health insurance medicines. Placenta has many properties of an elevation of cell metabolism, anti-fatigue, promotion of wound healing, etc. We has been using placenta as an antiaging medicine for many years.

  • リスクと副作用

    皮下注射や筋肉注射では重篤な副作用が起こることはほとんどないが、たまに「悪寒、悪心、発熱、発赤、発疹」などの反応、また、注射部位に「疼痛、発赤」などの副作用が起こることもあるが重篤になることはない。他にも、プラセンタ注射薬が「たん白アミノ酸製剤」であるためアレルギー反応が起きたり、閉経後の月経再開がみられることもまれにあるが、すぐに投与を止めれば治癒する。なお、原料が「ヒト胎盤エキス」であるため、プラセンタ注射薬は「理論的なリスクを否定できない」という観点のもと、プラセンタ注射薬の治療を受けた方は献血ができなくなる。

    Subcutaneous or intramuscular injection of the placenta can rarely cause serious side effects, but chilly sensation, nausea, fever, redness and of the skin may happen. At the injection area, pain, redness may be found, but these are not serious. Since this is a protein product, this may cause an allergic reaction. Some women may restart their menstruation. If somebody has such symptoms, stopping the placenta injection is recommended, and these symptoms will disappear soon. Placenta-injected people are not permitted their later donate blood.

  • 治療回数

    3アンプルを上腕の伸側、または臀部に打つことを基本。疾患によってはツボウチ注射。3アンプルでは効果乏しく、場合によっては最大10Aまで増量可能。治療は原則週1回。ただし初期段階では効果をはっきり出すために、できるだけ連続で行うほうが良い場合がある。

    To inject 3 ampules of placenta to an upper arm or a hip area is recommended for the most patients. It is possible to inject up to 10 ampules one time. Every-day infection may be recommended for some people who want the effectiveness as soon as possible.

料金リストを見る

幹細胞培養上清療法 Stem cell conditioned medium therapy

幹細胞培養上清療法

再生医療は、間葉系幹細胞を使って体の欠損細胞を再生する治療法です。間葉系幹細胞は原始的な細胞で、どんな細胞にも変身することができますので、細胞再生作用があります。

世界的に使われているES細胞は胎芽を利用するため、倫理的な問題があり、日本発のiPS細胞は癌化の問題などが壁になっています。骨髄や脂肪組織からの幹細胞培養は効果が弱く高額なのが難点です。ちなみに札幌医大で薬価収載された骨髄幹細胞培養注射「ステミラック注」は薬価が1回1500万円で、適応は脊髄損傷のみです。

当院では、再生医療の第一人者、名古屋大医学部上田実名誉教授にご指導いただき、乳歯歯髄幹細胞培養液の上澄み液を点滴します(驚異の再生医療 ~培養上清とは何か~ 扶桑社新書)。

上澄み液には細胞再生を促す化学成分(サイトカインや成長因子などのタンパク質)が数百種類含まれ、細胞そのものの点滴と同様の臨床効果があり(上田実)、アレルギーなどの副作用がほとんど見られず、骨髄中の幹細胞に働いて、欠損細胞部位まで誘導し、細胞の再生を促すのです。

上田教授らの研究によると、脳卒中後遺症、認知症、パーキンソン病、関節リウマチ、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー病などに個人差はありますが、効果があります。アンチエイジングにも効果があります。細胞の点滴よりも費用も安くなります。

Regenerative medicine is a therapy to regenerate the lacking cells of the body by using many kind of mesenchymal stem cells. Mesenchymal Stem cells in the bone marrow and the fat tissue are primitive cells, and can grow to any cells.

ES cells which are derived from the fetus have an ethical problem. Japanese iPS cells have the possibility of the future cancer risk. Stem cells from the bone marrow and the fat tissue are expensive. Bone marrow stem cells named Stemirac Injection studied at Sapporo Medical University are covered by the Government Health Insurance, but the cost is 15 million Yen one time, and indicated for only spinal-cord injury. 

Our clinic starts the dental pulp derived stem cell conditioned medium under the guidance of Dr. Minoru Ueda, a prior professor of Nagoya University School of Medicine.

This conditioned medium contains hundreds of chemical substances such as cytokines and growth factor, and works like ES cells, and has almost no side effects like allergic reactions. This stimulates the stem cells in the bone marrow, and reach the destroyed cells via the circulating blood, and can create new cells.

According to prior Prof, Ueda, we can expect efficacies for after-effects of cerebro-vascular accidents, dementia, Parkinson disease, rheumatoid arthritis, and allergic diseases, depending upon individuals.

  • リスクと副作用

    Risks and side effects

     

    注射部位の出血や感染の可能性がある。

    ごくまれに軽い湿疹程度。

    Local bleeding, infection of the injection area may occur.

    Mild eczema may happen in rare cases.

  • 治療回数

    Frequecy

     

    点滴は週に1-2回が原則。

    数回で効果を判定します。

    Drip infusion is needed once or twice a week.

    The continuation or not will be discussed after several treatments.

料金リストを見る

Page Top